ここがヘンだよ!日本企業イングリッシュ


こんにちは。国際CC部の(つ)と申します。1年以上ブログを放置していた営業部長と国際CC部長に命じられ、突如、暮れの忙しい時期に記事を書くことになりました・・・。

早速ですがこの鬱憤を「日本企業のヘンな英語」への怒りにすり替えて、みなさんに向けて吐き出したいと思います!

あなたの会社でも、英語のウェブサイトや販促マーケティングツール、投資家向けレポートなどを作っていると思います。では、そこにどんな英語が書かれているか気にしたことはありますか? 実はこうした英文は、英語ネイティブが見たときに「?」で頭がいっぱいになってしまうような「ザ・日本企業イングリッシュ」であることが多いんです。これでは、意図が正しく伝わらないどころか誤解や反感を招いてしまいます。

たとえば、こんな英語が使われていませんか?

1.Top Message

ウェブサイトなどで社長の言葉を掲載するときによく使われる「トップメッセージ」というカタカナ語。それをそのままTop Messageと翻訳している場合があります。でも英語ではTop Messageという表現はあまり使いません。「上から下の者に言い渡すお言葉」といった印象を与えるためです(どこかの営業部長や国際C C部長じゃあるまいし・・・)。

内容が「お客様へのお礼」や「投資家へのご挨拶」といった丁寧なものであった場合、タイトルと内容から受ける印象がちぐはぐになってしまいます。海外では、“President’s Letter”や ”To Shareholders”、昨年度の説明や今後の計画等を語るような場合だと、“CEO’s Statement” といった表現を採用していることが多いですね。

2.Challenge

「挑戦」や「チャレンジ」という言葉は、日常的にも企業が発信する情報の中にもよく出てくる言葉です。新たな事業や変革に「挑戦」する――。日本語ではポジティブな印象を与えますが、これをchallengeと訳してしまっては台無しです。

英語のchallengeには、「異議を申し立てる」や「途方もない困難にぶつかってもがく」といったイメージもあり、基本的にはネガティブな印象を与える言葉です。たとえばあなたは、「文句ばっかり言いながら滅茶苦茶ややこしいことに悩まされている人」と取引したいですか? (そこのあなた!そんな取引先ばっかりだよとか言わない!)

3.Domestic

海外事業を展開している企業の場合、「国内拠点」と「海外拠点」を分けて紹介することがよくあります。ここで、「国内」をdomesticと訳していたら、どこのことやらわかりません。domestic は相対的な言葉です。「ある国の中で(外国や、国際的な場ではなく)」という意味です。それゆえ、読者がどの国にいるかによって、指す国が異なるのです。

日本企業が「国内」の話をするときは、Japanであることがわかるようにしましょう。

ほかにも、「日本企業ならでは」の間違い英語はたくさんあります。心配になってきた方は、ぜひこの機会に自社の英文を見直してみてはいかがでしょうか。

・・・今さっき、「来年からは毎月一本書いてな」とのTop Messageが降ってまいりましたので、また年明けから必死のchallengeを続けたいと思います・・・。ちなみに私がdomesticな場所で奮闘しているときに国際CC部長はヨーロッパに旅行ですって。

よかったですね、はい。

ともあれ、良いお年を! そして、来年の更新を是非お楽しみに!

#英語 #グローバルサイト #海外PR #翻訳

​Contact

海外PR支援、グローバルサイト構築、CSR・IRツール制作、翻訳・コピーライティングなど、お気軽にご相談、お問い合わせください。

  • White LinkedIn Icon
  • White Facebook Icon